家庭用の脱毛器は子どもにも使えるか?

家庭用の脱毛器は子どもにも使えるか?

ムダ毛がはっきりと生えてくる中高生はもとより、最近で小学生のうちからムダ毛にたいして意識する子供たちが増えています。

 

成長が早い現代の子供たちのなかには、小学校の2、3年生からムダ毛が見られるケースもあると言われています。また、たとえ産毛であってもお肌の美しさを第一とする時代の流れを受けて、幼稚園の頃から処理をお母さんにお願いする子供たちもいるようです。

 

子役や子供モデルのほか、バレエや水泳、ダンスなど、子供たちが肌を露出する機会は少なくありません。そんななか、からかわれたりしないようにしっかりとムダ毛や産毛のケアをしておきたいという子供たちの気持ちも理解できます。

 

そんな時代の意識に合わせて、「キッズ脱毛」の浸透に力を入れてきたのが脱毛サロンのエピレです。
中学生以下でも受けられるように工夫された脱毛メニューの提供や、ママと一緒に受けると割引特典があるなど、親子で受けやすい脱毛を提供しています。
ただ、成長期の子供に大人が使用するような脱毛器を使っていいのか不安に思う声も聞かれます。とくに自宅で使う家庭用脱毛器の場合、安易な使用は控えたいものです。

 

たしかに、子供の肌は大人に比べると刺激に弱くちょっとしたことでもダメージを受けやすいのはたしかです。しかし、あくまで一般の人でも気軽に使えるように性能面や取り扱いも考えられて開発されているので、それほど敏感になる必要はないかもしれません。

 

最近の家庭用脱毛器であれば出力パワーを細かく調節できる製品も登場しています。
皮膚に自信がない大人が使うのと同じように、まずは最小の出力から使ってみて、肌のコンディションをチェックしながら続けて行くと良いでしょう。
もちろん、アフターケアは子供だからこそしっかりと行いたいたいものです。
処理した部位をしっかりと冷やし、保湿化粧水や美容ジェルで大切な子供の肌を守りましょう。