家庭用脱毛器の注意点

家庭用脱毛器の注意点

家庭用脱毛器では処理からアフターケアまですべて自分で行わなければなりません。
適当な使い方をしてしまうと大切な脱毛器の寿命を縮めるだけでなく、お肌へのトラブルにもつながりかねません。
ここでは、家庭用脱毛器を使用した後に注意すべき点についてお伝えします。

 

・使用後に清掃しよう
処理されたムダ毛をそのまま機器やハンドピックにつけたままにしている人がいるようです。
脱毛は地肌に直接アプローチすることもあり、衛生面に気をつけた使い方をする必要があります。
不衛生なまま使い続けてしまうと、肌荒れや湿疹と言った肌トラブルを引き起こしたり、細かなムダ毛やほこりが機器に入り込んで故障の原因になったりします。
取扱説明書にしたがって毎回のお手入れを欠かさず実施するようにしましょう。

 

・脱毛器を使用中は紫外線を避けよう
定期的に家庭用脱毛器でムダ毛処理をしているのなら、
とくに使用後しばらくは日焼けをしないように注意しましょう。
処理された皮膚の表面は少しの刺激でも大きな影響が
出る恐れがあります。
とくに、脱毛処理後の紫外線は要注意です。
肌荒れが起きやすかったり、シミの原因になったりしますので、日焼け対策を怠らないようにしましょう。

 

・お風呂は肌の調子をチェックしてから
自宅で脱毛するのは夜間という人が多いと思います。
ムダ毛の処理をしてからお風呂に入ろうと思っている人も多いようです。
しかし、前述したように脱毛後のお肌はとてもデリケートになっているので、熱いお風呂は避けましょう。
シャワーも温度に注意してぬるめから試してみるのが無難です。
また、洗浄用で使われる刺激の強い化繊のウォッシュタオルは数日は控えたいものです。
ボディーソープや石けんも人によっては肌への負担となってしまいます。
薄めて使ってみて手のひらでやさしく洗い流す程度にしておくのがよいでしょう。